RZ/G2Mとは? 仕様や機能・評価ボード・対応OSを紹介

RZ/G2Mとは、ルネサスエレクトロニクス社(以下、「ルネサス」)のマイクロプロセッサーです。

Dual Cortex®-A571.5GHz)やQuad Cortex®-A531.2GHzCPU32ビットLPDDR4インターフェースを2チャネル備えています。
さらに3DグラフィックスエンジンにPowerVR GX6250@600 MHz4Kビデオのエンコードとデコードを2チャネル内蔵しており、USB3.0PCI ExpressGbEなどの高速インタフェースと多くのCPU周辺機能も備えています。
そのため、高機能な産業用途のヒューマンマシンインタフェースなどのアプリケーションに最適なマイクロプロセッサーとなっています。

RZ/G2シリーズのラインアップ・仕様

RZ/G2シリーズ RZ/G2E RZ/G2N RZ/G2M RZ/G2H
Economical Mid-Range
(Pin Compatible)
Highest
Performance
CPU
(64-bit ARMv8A)
2x Cortex-A53 @ 1.2GHz
L1, L2 パリティ/ECC
2x Cortex-A57 @ 1.5GHz
L1, L2 パリティ/ECC
2x Cortex-A57 @ 1.5GHz
4x Cortex-A53 @ 1.2GHz
L1, L2 パリティ/ECC
4x Cortex-A57 @ 1.5GHz
4x Cortex-A53 @ 1.2GHz
L1, L2 パリティ/ECC
性能 5.5kDMIPS 12.3kDMIPS 23.3kDMIPS 35.6kDMIPS
DRAM I/F DDR3L-1866 x 32ビット
(ECC)
LPDDR4-3200 x 32ビット
(ECC)
LPDDR4-3200 x 64ビット
(ECC)
LPDDR4-3200 x 64ビット
(ECC)
Videoコーデック Full-HD 解像度
H.265 デコーダ
H.264/AVC
4K 解像度
H.265 デコーダ
H.264/AVC
4K 解像度
H.265 デコーダ
H.264/AVC
4K 解像度
H.265 デコーダ
H.264/AVC
3D GFX PowerVR
GE8300 @ 600MHz
PowerVR
GE7800 @ 600MHz
PowerVR
GX6250 @ 600MHz
PowerVR
GX6650 @ 600MHz
その他の周辺機能 USB 3.0, GbE, PCI-e, MIPI-CSI, LVDS  USB 3.0, SATA, PCI-e, GbE, MIPI-CSI, HDMI  USB 3.0, PCI-e, GbE, MIPI-CSI, HDMI  USB 3.0, SATA, PCI-e, GbE, MIPI-CSI, HDMI 

出典:RZ/G2シリーズ

RZファミリの製品ラインナップ

RZファミリは、ルネサス社製の32ビットおよび64ビットプロセッサー(MPU)です。Cortex-A7、A9、A15、A53、A57、およびR4を搭載しています。

RZファミリは、ネットワーク機能を強化しているほか、高速リアルタイム制御を実現しています。また、カメラ入力や音声入力などのHMIも豊富です。

HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)とは

人間と機械が情報をやりとりするための手段や道具の総称。コンピュータにおけるHMIは「ユーザーインターフェース(UI)」と呼ばれることが多い。

RZファミリのラインアップは、下記の通りです。

  • RZ/A:機器制御・デジタルオーディオ信号処理等の高速化に特化
  • RZ/G:高速I/Fを備えた多機能プロセッサ
  • RZ/V:低消費電力で高速なAI処理が可能
  • RZ/T:密結合メモリによる高速・高応答性を実現
  • RZ/N:産業用イーサネットプロトコルをサポート

RZ/G2Mは従来のRZ/G1グループと比べて処理速度が大幅に向上したRTOSです。

RZ/Gシリーズとは

RZ/Gシリーズはカメラ入力、3Dグラフィックス、ハイスペックなビデオコーデック、PCIeGbEなどの高速I/Fを備えた多機能プロセッサーです。システムプラットフォームとしてLinux OS環境を体系的に整備した「RZ/G Linuxプラットフォーム」を提供しています。このプラットフォームはLinux導入・運用管理コストを下げたいお客様、Linuxに不慣れなお客様にフレンドリーな環境をご提供するスキームです。

出典:RZ/G2シリーズ

RZ/G2シリーズとは?

産業用およびビルディングオートメーションに最適な、次世代HMI向けの高度なグラフィックス処理機能を搭載した高性能MPUシリーズになります。

64ビットアーキテクチャのArm® Cortex®-A53およびArm® Cortex®-A57 CPUコアにより、高速かつ高効率な処理を実現。

・マルチコア構造により、ローエンドからハイエンドのあらゆるアプリケーションに対応可能。最大35600 DMIPSを実現。

DDR3LLPDDR4を含む、最大3200MT/秒の外部メモリ向けに、最新の高速プロトコルをサポート。

・内蔵USB 3.0SATAPCI-e、GbEQSPI、およびeMMCインタフェースによる高速通信。

600MHz Power VR 3D GFX4K UHD H.265およびH.264コーデック、HDMILVDS、およびMIPI-CSI2カメラ入力を備えた強力なビデオ/グラフィックス機能。

出典:RZ/G2 64ビットMPU

RZ/G2Mの特徴

RZ/G2Mの特長は、以下の通りです。

1.Arm® Cortex®-A53およびArm® Cortex®-A57 CPUコアを複数搭載
2.高速インタフェース(USB3.0、PCI-e、GbE)
3.4K H.265デコーダとH.264デコーダ/エンコーダを搭載
4.組み込み機器に最適な3DGfxエンジンPower VRを搭載

【特長1】Arm® Cortex®-A53およびArm® Cortex®-A57 CPUコアを複数搭載

省電力コアであるArm® Cortex®-A53を4台、大型パフォーマンスコアのArm® Cortex®-A57を2台搭載しています。大型コアと小型コアを組み合わせることで、最適な電力効率を実現します。

【特長2】高速インタフェース(USB3.0、PCI-e、GbE)

USB3.0やPCI-e、GbEを搭載し、非常に高速かつ豊富なインタフェースを搭載。

Gigabit Ethernet(読み方:ギガビットイーサネット)とは

Gigabit Ethernetとは、イーサネットのうち、1Gbpsでの通信に対応したもの。

【特長3】4K H.265デコーダとH.264デコーダ/エンコーダ

4K解像度に対応したH.265デコーダとH.264デコーダ/エンコーダを2チャンネル搭載しています。動画変換の高速化や画質の向上を実現しています。

【特長4】組み込み機器に最適な3DGfxエンジンPower VRを搭載

3DGfxエンジンPower VRのより、グラフィカルなユーザーインタフェースやアニメーションなどの、3Dグラフィックスにも高速化で対応可能です。

以上の特長からRZ/G2Mは、高機能な産業用途のヒューマンマシンインタフェース(HMI)などのアプリケーションに最適なデバイスです。

RZ/G2Mの評価ボード

RZ/G2Mの評価ボードは以下の通りです。

RZ/G2M-HiHope 

ルネサス製MCU RZ/G2Mを搭載した96ボード互換のリファレンスボードです。メインボードとサブボードの2ボードで構成されており、サブボードに接続することでRZ/G2Mに搭載されている機能を評価できます。

RZ/G2M-HiHopeの特徴

Processor: RZ/G2M RZ/G2M
Main Memory 4GB DDR4
QSPI NOR Flash 64MByte
I2C EEPROM 512Byte
External Storage micro SD x1
Connectivity USB2.0 x2ch, USB3.0 x1ch, GbE x1

出典:RZ/G2M-HiHope

RZ/G2Mの入手方法

RZ/G2Mは、下記のルネサスの特約店・取扱店や、オンラインショップなどで購入できます。

RZ/G2Mの対応OS

RZ/G2Mに対応している主なOSは、以下の通りです。

  • μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Standard(弊社製品)
  • μC3(マイクロ・シー・キューブ)+Linux(弊社製品)

弊社製品「μC3(マイクロ・シー・キューブ)」のご紹介

半導体イメージ

高性能リアルタイム処理向けRTOS「μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Standard」

μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Standardは、μITRON4.0のスタンダードプロファイルをベースに、32/64ビットプロセッサが搭載された組込みシステム向けのRTOSです。

μC3/Standardは、高性能プロセッサがより高度なリアルタイム制御に耐えられるよう、割込み禁止時間を極力なくし、割込み応答性を最重要課題として設計したRTOSです。

Arm® Cortex®-Aシリーズ、Arm® Cortex®シリーズだけでなく、高性能な Arm® Cortex®-MやRenesas RXシリーズにも対応しています。

32/64bitの高性能プロセッサに最適化
割り込み応答性を高め、32/64bitの高性能プロセッサ向けに最適化されたμITRON4.0仕様のカーネル。
豊富なプロセッサ・サポート
業界随一のプロセッササポート実績があり、技術サポートも充実しています。CPUの選択肢を広げ、機会費用を抑える事ができます。業界随一のCPUサ
ポート実績があり、技術サポートも充実しています。ご使用予定のデバイスで直ぐに開発着手が可能で、ご質問に対して24時間以内の1次回答を徹底しています。
マルチコア対応
組込み機器向けに最適なAMP型カーネル。マルチコアによって、リアルタイム性能を強化します。
豊富なデバイスドライバを用意
I2C, SPI, GPIO, SDなどのデバイスドライバをオプションで用意。(UART, Timer, INTCはμC3に、EthernetドライバはμNet3に付属しています。)

詳しい資料をご希望の方は、下記より製品ガイドをダウンロードしてください。
資料ダウンロード(無料)

LinuxとRTOSの共存ソリューション「μC3(マイクロ・シー・キューブ)+Linux」

μC3+LinuxはマルチコアCPUにLinuxとRTOSを共存させ、OS間の通信を可能にするソリューションです。

種類の異なった2つのOSを共存させることで、RTOSのリアルタイム性能とLinuxが持つ豊富なソフトウェア資産を有効に活用することができます。

異なったタイプのマルチコアCPUに対応
ホモジニアス(同一プロセッサ・コアによる構成)ヘテロジニアス(異なるプロセッサ・コアによる構成)の両方に対応しています。
メーカー提供のLinuxディストリビューションに対応
CPUベンダーが標準でサポートするLinuxに対応し、アプリケーションの開発が迅速にできます。
OS間通信をサポート
メッセージ形式のAPI(RPMsg)を使って、OS間の通信を容易に実現できます。
OpenAMP仕様を採用
Multicore Associationによって標準化されたOpenAMPの仕様に対応しています。
RTOSによる高速ブート
μC3を先に起動することで高速起動ができます。

詳しい資料をご希望の方は、下記より製品ガイドをダウンロードしてください。
資料ダウンロード(無料)

μC3のライセンスの種類・詳細

ライセンスの種類

ライセンスの種類は3つあります。

  • 開発量産用プロジェクトライセンス
  • プラットフォームライセンス
  • 研究開発用プロジェクトライセンス

開発量産用プロジェクトライセンス

開発量産用プロジェクトライセンスは、研究開発から量産販売までが可能な標準的なライセンスとなります。開発量産用プロジェクトライセンスの対象製品の範囲には、1種類の製品型番だけでなく、その製品ファミリ(派生機種)が含まれます。

有償の保守契約に加入中の場合、プラットフォームライセンスのライセンス費用との差額でアップグレードが可能です。

プラットフォームライセンス

プラットフォームライセンスは、プロジェクトライセンスの対象範囲を広げたライセンスです。プラットフォームライセンスの対象製品は、1種類の製品ファミリだけでなく、複数の製品ファミリが範囲となります。サイトライセンスではございません。

研究開発用プロジェクトライセンス

研究開発用プロジェクトライセンスは、研究開発のみ可能なライセンスです。ライセンス購入時の段階で、製品化まで見えていない場合や、フィジビリティスタディの場合にお勧めです。

ライセンス費用は、開発量産用プロジェクトライセンスの60%の価格です。

有償の保守契約に加入中の場合、開発量産用プロジェクトライセンスのライセンス費用の40%オフの価格でアップグレードが可能です。

ポイント
  • 開発量産用プロジェクトライセンス:研究開発から量産販売までが可能な標準的なライセンス
  • プラットフォームライセンス   :1種類の製品ファミリだけでなく、複数の製品ファミリを範囲とするライセンス
  • 研究開発用プロジェクトライセンス:製品化まで見えていない場合や、フィジビリティスタディの場合にお勧めなライセンス

※弊社のライセンスはプロジェクトライセンスの形式を採っております。ご購入時に該当プロジェクトの名称をご登録いただく必要があり、その際、「計測機器」などの抽象的な名称ではなく、具体的な名称を頂戴しております。

お客様のご要望にあわせて適切な範囲で設定させていただきますので、まずは、担当営業にご相談下さい。

ライセンスの詳細

    • ライセンス費用の金額・計算方法:ライセンス購入時の固定の一括払いのみでご使用いただけます
    • 開発人数制限 :無(ただし同プロジェクト内)
    • 提供形態 :ソースコード
    • 使用範囲 :定義されたプロジェクト内
  • 使用CPU :型番固定ではなくCPUシリーズ(例:STM32F4シリーズ)
  • μC3/ConfiguratorはCPUシリーズ毎に用意されています

ライセンスの価格などの詳細については、下記より製品ガイドをダウンロードしてご覧ください。

資料ダウンロード(無料)

保守について

製品定価には契約日の翌月1日から6ヶ月分の無償保守が含まれています。

無償保守サービス終了後は有償での保守サービスとなります。そのまま継続でのご利用の場合、製品価格(研究開発用プロジェクトライセンスはプロジェクトライセンス価格)の20%、非継続の後に再加入をされたい場合は研究開発用プロジェクトライセンスはプロジェクトライセンス価格)の40%となります。

プロジェクトライセンスと1年間の保守サービスを同時にご購入いただいた場合は、初回に限り15%とさせていただきます。

保守サービスには以下が含まれています。

  • 製品の無償バージョンアップ対応
  • コンパイラのバージョンアップ対応
  • メールによる技術サポートサービス(1営業日以内に1次回答)